公共イメージ委員会 (雑誌部会)

【2018-19】 2018/11/07

「ロータリーの友」記事紹介(2018年11月号)

(山本恒雄)


ロータリーのテーマとして、この言葉が使われています。
一見、甘い理想主義に思えませんか。
私にもそんな風に聞こえていたことがあります。
所が、トランプ大統領の出現によって、一国主義の思想が声高に言われるようになりました。
アメリカにとって多くの移民、外国からの輸入、国連の負担金、外国への駐留軍の負担、今思いつくだけでもこのような負担をアメリカは世界秩序の維持のためにしています。
アメリカ国内には日々の生活に不満を持つ国民が多数をり、彼らは投票権を持っています。
その投票を得んが為に、トランプ大統領は国策を決定しているように見えます。
そして世界の各地で同様な動きがありますね。

こういう時代の今
ロータリー的精神を維持することは世界にとって必要なことだと感じています。
自分の心の中にこのような精神を持ちながらロータリー活動を続けていきましょう。