公共イメージ委員会 (雑誌部会)

【2018-2019】 2019/05/11

「ロータリーの友」記事紹介(2019年5月号)

(山本恒雄)


ロータリーの友で何と言っても大事にしなければならないページは6Pの「ロータリーとは」だと思います。
その中でも別府北クラブが毎回唱和している「四つのテスト」を大事にしなければならないと思います。
私はこの言葉があるからロータリーなんだと思います。
2,3,4の、みんなに公平か、好意と友情を深めるか、みんなのためになるかどうかは比較的とっつきやすいのですが、1の真実かどうかは大変難解だと思います。
人それぞれにとって解釈は違ってきますし、時には真逆の意見も出ます。
しかしこのテーマは我々ロータリーメンバーを成長させて、それぞれの人生をより魅力的にさせてくれるものだと思います。
私は自分の人生を実りある人生にしたいと考えています。
その為には真実かどうかのチェックは何時も必要だと思いますし、現代社会ではとてもおろそかにされているのが現状です。
勿論、2,3,4のテーマである公平、好意と友情、みんなのため、も実現するようにしなければなりません。
後藤年度に始まった「四つのテスト」は今では別府ロータリークラブには馴染み深いものになってきました。
個々人がこのテーマを考えることで、別府北ロータリークラブがよりよいクラブに成長すると信じています。