俳句愛好会

9月句会

場 所:レフトアローン

日 時:2019/09/26 19:00~

今月の季題:十三夜 豊作

参加者数:7名

選考作品数:21作品


▼次回予定▼

10月31日(木)19:00

季題:鹿 自由題


今年1月以来、久し振りに田中さんが特選です。おめでとうございます。
高本さんにも特選にもらえてよかったですね。
この特選句は久住の山々を影絵に見立てた壮大な句です。
かなり前に久住山に登り山中の法華院温泉に泊まったことがあります。星空がとても綺麗でした。

今月の特選句

大船も三俣も影絵十三夜  田中

今月の準特選句

晩酌を一口残し十三夜   加藤 

その他の句

五右衛門に浮かぶ底板十三夜  加藤 
万物が玄武へ回る十三夜     谷本  
十三夜二分のゆとりに戯れて   松原  
豊年や倉稲魂の親しこと      松原 
(倉稲魂とは豊穣の神、実りの神のことです)
ふと胸をよぎるものあり十三夜  田中 
裏山にフルート哀し十三夜    田中 
山風の腰蓑ゆらす豊年祭    高本 
茶畑の天に階なす豊の秋    高本 

木を登る十三夜木のややたわむ  中村 
兎跳ね吾は肘枕後の月      中村 
十三夜旅への思いまたゆする  木原 
豊作や一家総出の笑い様    加藤  
十三夜をちこちのぞく付喪神  松原  
福島の米取り寄せる豊の秋  中村 
三匹の猫とあうんの十三夜  高本  
豊作に烏の群も鳴き笑い   谷本  
あの頃はみんなよかった十三夜  谷本  
縁側で迎える家族十三夜    木原 
インバウンド賑わう街や豊の秋  木原